親子時間」を楽しむ子育て情報誌 奇数月7日発売

Kodomo コドモエ

web連載

杉浦さやか「さやかとふきの親子デート+」

vol.11 遊園地デビューは浅草で! グルメもクルーズも楽しめる♪

本誌では、浅草花やしきでの休日をレポートしました。
花やしきを娘のふきとはじめて訪れたのは、1歳8か月の秋。
この日がすごく印象に残っているのは、
ふきの断乳決行前日だったから。
供給過多で詰まりやすかった私の母乳、何度も乳腺炎を繰り返し、
泣いたり苦しんだりと苦労の多い日々でした。
最後まで3~4時間おきの授乳を続けたので
長時間一人で外出することができなかったし、
大好きなお酒も我慢。
自由になれる! とうれしかったものの、さびしさもひとしお。
記念にお出かけしよう、と選んだのが、
花やしきでのふきの遊園地デビューでした。
この時の花やしきは私自身久しぶりだったので、
大人の方が大はしゃぎ。
しかしながら1歳でも乗れる遊具がけっこうあり、
夫と交代で付き添い、ふきも満喫しました。
園内には授乳室もあって、合間に利用。
4歳目前のふきを連れた今回は、
授乳室の前まで行って懐かしさをかみしめました。

HANAYASHIKI600

浅草花やしき
東京都台東区浅草2-28-1
TEL 03-3842-8780
営業時間 10:00〜18:00 (季節・天候により変動あり)
http://www.hanayashiki.net/

お昼は、1歳の時も今回も洋食店「グリルグランド」へ。
浅草寺の裏手にあるので、花やしきからもほど近い。
前回、座敷のあるお店を探してたどり着いたのですが、
その美味しさには夫婦でびっくり。
味が大満足なうえ、1階のいかにも老舗なテーブル席と、
2階の完全和風な座敷の対比がおもしろい。
前回はあいていた個室を使わせてもらい、授乳したっけなぁ。
帰りにはやさしい女将さんがお菓子を手渡してくれて、
大よろこびのふき。
GRIL600

グリルグランド
東京都台東区浅草3-24-6
TEL 03-3874-2351
営業時間 (平日)11:30〜14:00 17:00〜21:00
定休日 日曜・月曜
http://asakusa-ryoin.jp/grillgrand/

そして「グランド」のまわりには、
焼き菓子店がいくつかあるのもうれしい。
かわいらしいベーグルのお店「粉花」、
何を食べてもそのおいしさにうなってしまう、洋菓子「ルスルス」。
おみやげやおやつを買い込んで、浅草寺の弁天山下の児童公園へ移動。
1歳の時もここで夢中になって遊んだけど(花やしきより……)、
今回もなかなか帰りたがらなくて困りました。
おやつを食べつつ、のんびり遊びました。

RUSURUSU600

菓子工房ルスルス 浅草店
東京都台東区浅草3丁目31-7
TEL 03-6240-6601
営業時間 12:00〜20:00
定休日 月曜・火曜
http://www.rusurusu.com/
 

浅草散歩と水上バスは、私にとっては黄金の組み合わせ。
たいがい行きに浜松町駅そばの日の出桟橋から、浅草に向けて乗船します。 
私が子どものころから、親戚が東京に遊びに来るたびに乗っていて、
当時からのお気に入り。
今回は浅草からの帰路に利用。
チケットをネット予約をしたのは、便数が少なくて乗る機会のなかった
憧れの”ホタルナライン”に確実に乗船したかったから!
ホタルナは松本零士先生によるスペーシーなデザインで、
船内放送ではメーテル、鉄郎、車掌さんの掛け合いを聞ける、
世代的にたまらないサービスも。
途中から屋上のデッキが解放されて、視界を遮られることなく
隅田川の橋の下を通り抜ける開放感ときたら。
でも、私は通常の水上バス”隅田川ライン”も大好き。
なんといっても、オリジナルビール「隅田川ヴァイツェン」が飲めるのは
浅草~浜離宮~日の出桟橋~浅草を運行する隅田川ラインだけだから。

遊園地にお寺に美味しいものに船、と
大人も子どももおおいに楽しめる浅草散歩です。
 

SUMIDAGAWA600

TOKYO CRUISE
東京都台東区花川戸1-1-1

TEL 0120-977-311

営業時間9:30〜17:30

定休日 年中無休


隅田川ライン
http://www.suijobus.co.jp/

HOTALUNA
http://www.hotaluna.com

PROFILE

杉浦さやか Sayaka Sugiura

1971年生まれ。日本大学芸術学部卒業。在学中よりイラストレーターとして仕事を始める。著書に『えほんとさんぽ』『えほんとあそぼう』『おさんぽ美術 館』『お きにいりと暮らす ABC あるく・みつける・たのしむ』(白泉社)他、絵本に『あかずきん』(白泉社)、最新刊に『世界を食べよう! 旅ごはん』(祥伝社)がある。「月刊MOE」「kodomoe」をはじめとする雑誌や、書籍など多方面で活躍。大好きなモノの収集と収納の2本立て。現在、3歳の娘・蕗と夫と3 人で東京に暮らす。

⚪︎杉浦さやか新刊プロジェクト(祥伝社)
http://www.shodensha.co.jp/ssp/

⚪︎杉浦さやかTwitter
https://twitter.com/saa_aya

 

最新号のご案内

付録1:ノラネコぐんだん プールBAG 付録2:絵本「なきごえたくはいびん」 付録3:ノラネコぐんだん あいうえお表

新着情報

一覧はこちら

Moe

最新号

2017年6月号
ひとめぼれする展覧会/全国展覧会ガイド2017
Page Top